読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真の漢になるブログ

~I'll be back man~

最近、楽しみにしてる事

 

f:id:benriyasuzuki:20160713082033j:plain

 

最近毎日、楽しみにしている事は何か書いてみようと思います。
 

 通勤

毎日同じ道を走ったり、同じコンビニに寄ってると顔を覚えられるものです。
いつも同じコンビニで一服するので、コンビニのおじさんと挨拶を交わします。この日常のおかげで、700円以上で引けるクジを外してしまった時、もう一回引くチャンスをくれて、カロリーメイトのゼリーをゲットしました。

 
通勤では、親父が勤めているタクシー会社の同僚で、リーゼントがばっちりキマったMさんといつもすれ違う度、手を上げてくれるのでこっちも手を上げて答えます。
 
通勤に限らずバイト中もほとんどジャイロバイクに乗って外を出歩いているので思わぬ出会いがよくあります。昨日も前店長にばったり出くわしました。やはり奇跡的な出会いには誰であろうとテンションが上がるものです。

 

競輪浪人時代には、グーグルストリートビュー車に遭遇し、一時的に私が写っていた時期がありました。
 

f:id:benriyasuzuki:20160714080912j:plain

 
前から見た写真。ちゃんとモザイクがかかっています。
 

f:id:benriyasuzuki:20160714081012j:plain

 
見るからにわかる度派手なグーグルストリートビュー車。ちょっと意識しました。
 

f:id:benriyasuzuki:20160714081041j:plain

 
最後に今一度グーグルストリートビュー車を確認する私。ばっちり写ってしまっています。
 
次グーグルストリートビュー車に出くわしたときはどんなふうにうつってやろうかイメージするのが楽しみでもあります。
 

まかない

 
私はデリバリーのアルバイトをしているのですが、バイト先の店長が変わってから頻繁に、まかないをつくっていただく事が多くなりました。おかげでお金が浮いてすごく助かっています。つくっていただくまかないは、長年勤めた経験を活かして毎日飽きる事のない味付けをいつもしてくれるので、休憩が楽しみになりました。
 
また、いろんな面で新しく始まった企画も、やる気の面で一役買っています。それは受注の際、おすすめ商品を薦めるというものです。これに関してはいままでもやっていましたがそこまで積極的に薦めていたわけではありません。
 
今はゲーム性を取り入れています。おすすめ商品の受注が一番多い方には、好きな寿司か釜飯一人前がプレゼントされるので、皆必死に受注の際、おすすめ商品を取ろうと積極的になります。電話の取り合いです。私はデリバリーなのでメイクの方に比べれば少ないですが、少ないチャンスをひとつひとつクリアしていった結果、デリの中で週間1位になることができました。
 
とても僅差でした。まさかの結果に驚きとうれしさが入り混じっています。この結果を素直に喜び、今から何を食べようか考えるだけで唾液の分泌が活発になっしまっている状況です。
 

 

よくバイトの休憩時間にご一緒した方とお話しするのですが、世代がバラバラなので貴重なお話しをいつも聞かせていただいています。会社勤めしていれば普段話す事がないであろう、主婦や高校生と話す貴重な機会があり、どんな話をしようかイメージする機会が増え、楽しみにするようになりました。

 
たわいもない会話、意味のない会話こそ最近重要性を感じます。意味のある会話というのは想定した情報しか入ってきませんが、たわいもない会話には思いもよらない情報が入ってきます。自分が考えもしなかった考えに出会えることもあります。情報量が豊かなのです。
 
知らないことを調べるうえでよくグーグル検索して知識を得た感覚でいますがそこからいいものが生まれることは少なく、ただの思考のプロセスと最近割り切っています。重要なことは自分で考えて生み出すこと。思考をするうえでたわいもない会話が効果的だったりします。
 

録り溜めした録画を見る

 

普段リアルタイムでテレビを見る機会は少ないので、見たい番組はブルーレイレコーダーで録り溜めです。以前は録画した番組はすぐ見ていましたが、記事を書く事で頭がいっぱいになったときは見れてない事が多くなりました。

根本的に楽しむ為に人生を送っているのだから、時間がある時は思考をストップさせて純粋に録画番組を楽しむ事を許せる自分になりたいと思いました。そんな自分が今いるからこそ、楽しみにしている事を記事として書き残していつでも見返せるようにしたいと思ったのだと思います。
 
そして、意外と録り溜めしている番組は記事を書くきっかけをあたえてくれます。なんのために記事を書いているのか。それは紛れもなく楽しむためでもある。このあたりのバランスを保つのは難しいが、またいずれ楽しむ余裕もなくなると思う。そんな時はこの記事を見返す予定です。
 

これから

 
これからを考えてしまうと、1番最初に来るのは不安です。でもこの不安は全身全霊抱きしめます。そして全力で背負い投げです。不安という感情に支配されないためです。自分のやるべきことをやるうえで不安というのは判断を迷わせます。でも不安を一切無視するのもなにかちがいます。自然と湧いてくる感情は人間の防衛本能。
 
そんな感情がやってきたときのために対処する力を身につけておくことが大事と考えます。こうやってただ手を動かすこともそうですし、タイトルが思いつかなければ自分の中にある定番の話題をスロットで回して簡単な記事を書くことだってできます。だんだん楽しむことから脱線してきているのでここまでにしておきます。
 
これからは パソコン作業するにあたって、パソコン画面だけに向き合うのではなく、パソコンの向こう側に自分の理想とする風景をイメージしながら作業を楽しむ工夫をしていきたいと思います。